自称、「器用貧乏女王」マミさんの、ゆるい日常。まあ、ちょっと、ウチに寄って、のんびりしてって下さい。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-23 (土) | 編集 |
お久しぶりです。

さすがに羊毛を紡ぐのには暑い季節になってまりました。
で、思い立って、以前通っておりました、
手紡ぎ教室の教材の残りの真綿を紡いでみました。

真綿って「綿」じゃ、ありません。
絹です。

ややこしい。

ま、それはともかく、
私、絹は苦手なので、とりあえず、手引きしてみましたが、
(手引き→真綿をひろげて、単にひっぱって繊維を出す)
なんだかうまくいかないので、
それをさらにちょっと撚ってみたりして。

CIMG4425_convert_20150523224324.jpg

やっぱり、苦手。
でも、お高いので、この糸で何かできたら、またUPしますね。


さてと、話、変わりますが、
先日、託児所を去年の3月(年度でいうと一昨年)に退園された
お子様と、お母様に、スーパーでばったりお会いしました。
(マミさんは、託児所で保育士をやってます)

お子様の新しい保育園でのご様子をお聞きして、
「楽しく過ごされてて、私たちもうれしいです」
などと、申し上げたところ、

お母様が、
「でもね、託児所にお世話になっていたころのことを、
だんだん忘れちゃって…」
と、とても申し訳なさそうにおっしゃいます。

いいです、いいです。
遠慮なく忘れちゃってください。

新しいことが入ってきたら、古いものは出て行って当たり前です。
私たち保育士って、記憶にも残らないほどの
お子様の小さい時期にかかわれることがとても幸せだと思うのです。
「安心」とか、「うれしい」とか、
そんな幸せな感情が形成される時期のお手伝いができるのがうれしいのです。
ですから、どうぞ、どんどん忘れちゃってください。

…と、ブラックなマミさんが言うと、うそくさいけど、
ホントです。

お子様が、どうか、すくすくと成長なさいますように。

では、また。


ランキングに参加しています。
よろしければ、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。