自称、「器用貧乏女王」マミさんの、ゆるい日常。まあ、ちょっと、ウチに寄って、のんびりしてって下さい。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-08 (水) | 編集 |
こんばんは

今日は、満月。
しかも皆既月食で、見られる時間も手ごろ。

なのに、東海地方、曇り空で

かなり粘ったのに「これ」というのが見られず。

そんな、さびしい今日この頃です。


ところで、さかのぼること2日。

10月6日は十三夜。

風流な人は、中秋の名月(今年は9月8日)と、
その次の月の十三夜(今年は10月6日)、
の二つの月を名月として楽しむというので、

にわか風流人のマミさん、
10月6日はお供え物を用意して月をお待ちしておりました。

CIMG3916_convert_20141008220014.jpg 

『栗名月』ですので、ちょいと高めの国産栗をご用意。


ちなみに『中秋の名月』には

CIMG3847_convert_20141008220059.jpg 

『芋名月』にちなみ、サト芋など。


さて、10月6日の空を見上げたマミさん、大ショック!!

満月じゃない!!

…そりゃ、そうです。
はなっから『十三夜』って言ってるんだから。
旧暦では、十三夜は、必ず満月の2日前です。


しまった…。


マミさん、この手の勘違い、時々ありまして、
数年前は、『ラジオ体操の収録』だと言っているのに
テレビの収録だと勘違いして、
念入りに化粧し、一張羅のジャージを履いて出かけたこともありました。

ま、いい。

で、結局、せっかく買ってきた国産栗。
写真の量を1時間半かけて、すべて皮をむいて、
おいしい栗ごはんとなりました。


CIMG3919_convert_20141008220032.jpg 


3合のご飯に対して栗が多すぎて、うまくかき混ぜられない。
包丁でむいたので、2日後の本日も、栗をむいたときのダメージで
指がちょっとジンジンしています。


来月の11月5日は、暦的にとても珍しい
『後の十三夜』と呼ばれるお月様が拝めるそうですよ。


来月はきれいなお月様が見られますように。


では、また。





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。