自称、「器用貧乏女王」マミさんの、ゆるい日常。まあ、ちょっと、ウチに寄って、のんびりしてって下さい。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-17 (木) | 編集 |
 こんばんは。

今日は、仕事を無理やり30分短くしていただき、
試写会のペアチケットをゲットした、
ジブリの最新作『思い出のマーニー』を観てきましたよ。
アニヲタの下の娘(高2)とレッツゴー。

IMG_convert_20140717222437.jpg




予告編を見る限りでは、内容がよくわからないし、
大変申し訳ないけど、米林監督の前作『借りぐらしのアリエッティー』は、
我が家では、

「アリエンティー(ありえんティー)」

と、いわれるほど評判悪いので期待せずに出かけたのですが、
結論からいうと

結構良かったです。

ジャンル的には
オカルト・ファンタジー(そんな分野あるのか?)
とにかく、夢と現実が入り混じった感じです。

それと、チラシの
「あの入り江で、わたしはあなたを待っている。永久にー。」
は、ない方がいいような。
無理につけるなら
「あなたのおかげで生きていける」とか。

いっそ、単に

あなたのことが大好き

だけでいいような。
多感な少女の
自己否定から、自分を受け入れられるようになる過程が描かれていて
原作を読みたくなっちゃいました。
背景はいつものごとく、とても素敵ですし、
音楽がとても映像にあっています。

とにかく、チラシ気にせずお出かけください。

お金を払って観る場合、

1,100円ならお勧め。
1,400円は、お財布の都合しだい。
1,700円は払えないかな~。

ちなみに最近観た映画では、
結果的にいくらまでなら払って観たかと考えると、

『アナと雪の女王』1,400円
『マレフィセント』1,100円
って感じです。

実際は『アナ雪』1,100円で見たので得した感じ。
『マレフィセント』1,700円で見たので損した感じ。
『マレフィセント』は動きが早くて、動体視力の弱いおばちゃんには、
ややポイント低かったですね。
アンジーはとてもきれいですてきでしたよ。

みなさん、ぜひレディーデーとか、メンズデーとかの
1,100円の日を狙って劇場でご覧ください。

では、また。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。