FC2ブログ
自称、「器用貧乏女王」マミさんの、ゆるい日常。まあ、ちょっと、ウチに寄って、のんびりしてって下さい。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2012-10-08 (月) | 編集 |
昨日、愛知県の半田市に彼岸花を見に行きました。
の、続編でございます。

9月23日頃から10月3日までは、「童話の村秋祭り」というのをやっていて、
彼岸花含め、半田市内の観光名所を
特別運行の循環バスで、一日300円で乗り放題で、巡ることができたのですが、
先週の日曜日(9/30)に出かけるつもりでルートなんか決めて
一人でワクワクしていたら、

まさかの台風直撃!!

昨日は、循環バスは終わっていたけど、
せっかく知多半島くんだりまできたのに、このまま帰るのも悔しいので
電車に乗って彼岸花の「半田口駅」(名鉄河和線)から
普通電車で2駅向こうの「知多半田駅」まで、行きました。

ら、すごい人!!何、何!?

知多半田駅前から、多分1キロ以上露店が並んでいて、
駅前大通は、歩行者天国状態。
観光名所に向かう途中でも、あちこちの町内に露店が出ています。
この日は、5年に1度の、半田市内の31の山車が勢ぞろいするお祭りだそうです。

私の住む町でも山車の出る祭りがあるけど、全部で5台。
祭り大好きマミさんは5台でハイテンションなので、31台も見たら
どうなっちゃうのかしら。

わたしが行った時間はすでに勢揃いは終わって、
各町内に戻るところだったので、ちょっと残念でしたけど、
街中ウロウロしてると、山車にバッタリ。
ちょっと嬉しい観光オプションです。

CIMG2089_convert_20121008100739.jpg 

祭りのおかげで、ほんとは予約が必要な観光名所も解放されていて
博物館「酢の里」(ミツカン)や、「酒の文化館」(国盛)を自由見学できました。
こちらは、予約していくと、無料でガイドのお姉さんがついてくれて
お酒は試飲できるんだって。
(お酒はタダかどうか知りません)

半田市内の、私の一番のお気に入りはこちら。

CIMG2085_convert_20121008100712.jpg 

半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)

明治31年建設で、数度にわたって増築されたらしいけど、
それにしても、ボロさ加減最高!!
もし、「廃墟寸前のレンガ建物マニア」とかいう分野の方がみえたら
超おすすすめ物件!!
もう、たまらんす。

只今、安全が確認されている部分だけ、年に数回内部公開しているそうで、
今回、たまたま入れて、超ラッキー。
外から見ても、中に入っても

「今、地震があったら、私、絶対死ぬ」

と確信できる、素晴らしさです。
壁なんて、もたれようものなら、
白い粉が服にべっとり。
あ~、たまらん。
建物の中にはビアホールもあって、復刻版の「カブトビール」も飲めますよ。

古代遺跡の中で、飲んだくれてる感じで、ス・テ・キ

半田市が補修して、平成27年の通年公開を目指しているそうですが、
そうなると、綺麗にされちゃうかもしれないので、
廃墟マニアの方、ぜひ、今のうちにお出かけください。
詳しくは、半田市観光協会まで(→こちら


なんだ、かんだで、昨日は結局7キロほど歩いて、
本日筋肉痛。
糸も紡げたので、そろそろ「彼岸花」織れそうです。

CIMG2094_convert_20121008101033.jpg 

では、また。

スポンサーサイト




コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: